リンパ腫とちょび

アクセスカウンタ

zoom RSS 転機その2

<<   作成日時 : 2015/09/23 22:33   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月16日。
転院先で血液検査&エコーなどを受ける。
エコーでは胆道に多少の胆泥が認められるものの、
血液検査の状況を産み出すものでは無い。
生体肝検査を行って、確定診断をすべきである旨を伝えられる。

針による検査を希望したが、
刺す場所によっては診断が異なるデメリットを告げられる。
開腹検査は内臓の様子をチェックできるメリットはあるが、
手術による回復の遅れや麻酔の危険性というデメリットもある。
腹腔鏡による検査もできる病院もあるが、
検査を行える人間は限られており、予約に時間がかかる。
迷いに迷ったが、その場で明日開腹による生体肝検査を行うことにした。

開腹した後でわかったことだが、
リンパ腫が肝臓全体に及んでいる状態では、
針生検でも充分だった気がする。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のポチッを頂ければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
転機その2 リンパ腫とちょび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる