リンパ腫とちょび

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょびの医療費@K動物病院<8月末まで>

<<   作成日時 : 2016/04/04 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。
仕事が溜まりすぎているのは相変わらずですが、
開き直って、できることしかしていません。
期限があるものは仕方がないが、
期限が迫っていないものは、思いっきり後回しにしています。

画像


港北ニュータウンのK動物病院の続き、8月末まで。
抗がん剤の投与が始まり、
当初は1週間に1度の通院で大丈夫と言われていましたが、
ほとんど毎日通っていました。
下痢がなかなか治まらず、体重と共に体力を失っていった日々でした。

●2015/08/26  40,824円<アニコム14,000円+自己負担26,824円>
再診料800円+皮下注射6,000円(2,000円×3)+留置針設置2,500円
+静脈点滴2,000円+採血料1,500円+全血検査2,500円
+生化学検査7項目3,500円+電解質測定1,000円+入院費4,000円
+抗がん剤A 8,000円+抗がん剤B 6,000円+消費税3,024円

とうとう、抗がん剤投与を行ってしまった。
抗がん剤の副作用は人間ほどではないという話だったが、
なぜそう言い切れるのだろうか。
犬が痛みに強いなどと、だれがいつどうやって証明したのだろうか。

●2015/08/27  34,452円<アニコム14,000円+自己負担20,452円>
再診料800円+皮下注射(2,000円×2)4,000円+静脈点滴2,000円
+アルブミン製剤12,000円+採血料1,500円+全血検査2,500円
+生化学7項目3,500円+内服薬100円+入院費4,000円

アルブミンの値が2.0を下回ったので、再びアルブミン製剤を投与してもらう。
迎えに行くと、ちぎれるほどに尻尾を振って喜んでくれた。
その後、病院の周りを散歩してから帰ったが、
溢れる涙を抑えることができなかった。

●2015/08/29  25,164円<アニコム14,000円自己負担11,164円>
再診料800円+皮下注射(2,500円×2)5,000円+皮下点滴3,500円
採血料1,500円+全血検査2,500円+生化学検査8項目4,000円
+電解質検査1,000円+CRP測定1,500円+入院費4,000円+消費税1,864円

●2015/08/31  17,334円<アニコム12,134円自己負担5,200円>
再診料800円+皮下注射(2,000円×2+2,500円)6,500円+採血料1,500円
+全血検査2,500円+生化学検査5項目2,500円+電解質検査1,000円
+処方料1,000円+内服薬250円+消費税1,284円

当初は一進一退と言うより二進二退という状態でした。
ポンポンとよくなると、ガタガタと崩れる。
これを繰り返していました。
散歩をするときはぬるま湯を水筒に入れ、
ちょびのおしりを洗ってあげなければなりませんでした。
また、排泄物はできる限り回収してくれとK病院からは頼まれましたが、
がんセンターでは抗がん剤投与後一定の時間が過ぎれば、
抗がん剤の成分が含まれることはないから、
それほど神経質になることはないと言われました。

人間の場合は、
「対策そのものがエチケット程度のものとしたこと、
排泄物が手に触れれば手洗いするという
当たり前の行為をベースにしたことで、
7日間行ったとしても負担のない対策だと考えたからです。」
抗がん剤の種類によっては48時間後には検出されないものもあるとか。
これらの曝露防止対策はある程度明示してもらうことが必要です。
また、それによって、当該獣医師の抗がん剤に対する
見識のレベルがわかると思います。

◎K動物病院の小計 346,147円
<アニコム196,357円自己負担149,790円>

◎M動物病院受診からの累計医療費 396,476円
<アニコム227,587円、自己負担168,889円>

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援のポチッを頂ければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょびの医療費@K動物病院<8月末まで> リンパ腫とちょび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる