リンパ腫とちょび

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょびが遺してくれたもの。

<<   作成日時 : 2015/10/30 13:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 5

10月29日、木曜日。
今までお世話になってきた病院、トリマールーム、しつけ教室、
ペットショップに電話をし、ちょびの逝去と感謝の言葉を伝える。
病院を数えてみると、約6年で10カ所も通っていた。
それだけ通っていると病院嫌いになりそうなものだが、
どの病院でも「とてもおとなしく検査(採血、注射)させてくれます。」
と言われていた。
子分の「ころ」など、診察室に入る前から逃げだそうとしているのに(笑

10カ所の病院で会った獣医師の中には、
M動物病院の院長のように、
エビデンスという言葉を知らない人間もいるが、
大多数の獣医師は熱心に治療をしてくれたと思う。
しかし、診察のたびにインフォームド・コンセントをしてくれたのは、
眼科専門医のK先生、呼吸器専門医のS先生、
そして、がんセンターの担当医のH先生だけだった。
専門医ほどエビデンスもインフォームド・コンセントもしっかりしている。
獣医に関する点については、後でゆっくりと考えてみたい。

金額的には、まさしくピンからキリまででだったが、
見積もりを出してくれたのは、がんセンターだけだった。
抗がん剤治療など、高額治療を始める際には、
抗がん剤投与、検査および点滴入院の費用などの
見積もりは出させるべきだと思った。
いざ治療が始まったら、途中で止めることはなかなかできない。
まず、一からやり直す体力も時間的余裕もない。
また、ここで止めたら今までのことが無駄になる、などと思ってしまう。
はっきり言って、抗がん剤投与を始めたK動物病院は見積もりを出してくれず、
後から追加されるものもあり。抗がん剤投与に不慣れだと思ってしまった。
また平均でも合計でも、金額はがんセンターより多かった。

ちょびの抗がん剤治療中は金銭感覚は皆無で、
「肝臓に良い。」とか「食欲増進。」とか、「ちょびが楽になる。」と聞けば、
金額は考えずに購入したり、施術してもらった。
これも費用が増えていった原因ではあるが…。


10月30日、金曜日。
悩みに悩んだが、
火葬場には行かず、長老の「クロ」の火葬と同じ業者に頼んだ。

ちょびの体が焼かれるのを見たくなかった。
ちょびの煙が空に上っていくのを見たくなかった。
ちょびの骨を拾いたくなかった。
ちょびが存在しないことを理解したくなかった。

もどってきた骨壺は小さくて、
ここにあのちょびが入っているのかと思ったが、
ぎりぎりまで入っているそうだ。
中はまだ見ていない。


画像
少しずつ、
私はちょびの
いない生活に
慣れ、
苦しむことも
悲しむことも
減っていくだろう。
しかし、それは
ちょびを忘れて
いくということ
ではない。

愛が大きければ大きいほど、深ければ深いほど、
失ったときの痛みは、悲しみは大きくなる。
だが、その大きさ、深さこそ、ちょびを愛していた証として、
胸に秘めて暮らしていこうと思う。
ときには悲しみや苦しみに沈むときもあるが、
楽しい思い出や喜びが浮かび上がるときもあるはずだ。
それこそが、ちょびが遺してくれたもの。
ちょびの思い出。
今はまだ、苦しみや悲しみが満ちあふれているが…。

ちょびの闘病記は休載中ですが、必ず完成させます。
抗がん剤投与時の血液検査などの変化は個体差があり、
ちょびの変化が、そのままリンパ腫に苦しむ子の参考にはなりません。
しかし、私が試行錯誤の末に、納得できたことや後悔したことは、
飼い主さまが行動を起こす際の参考になる可能性があると思います。

ただ、今は3ヶ月放置していた経理事務などの仕事を片付けないと、
ちょびに「ワウッ!」と叱られてしまいそうです。

それでは。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のポチッを頂ければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
チョビちゃん頑張ったのですね。偉かったですね。パパさんに愛されて、その愛をいっぱい胸に抱きしめて虹の橋を渡って行ったのですね🌈チョビちゃんが虹の橋の向こうで楽しく安らかに過ごせます様に🙏🏻
しゃもママ
2015/11/01 05:07
ちょび君のご冥福を心よりお祈りいたします。

天命、全うしたんですね。
時間は優しいです、元気になって下さいね。
ELF
2015/11/01 07:23
しゃもママさん、ELFさん。
優しいお言葉を頂き、ありがとうございます。

ちょびも今は、
苦しくも痛くもない体で、
楽しそうに走っていると思います。

お二人のブログを探してお礼のコメントを残したかったのですが、
見つけることができず、すみません。
でも、きっと、ちょびは喜んでいてくれると思います。
たくさんの人の記憶に、少しでも残れて。

本当にありがとうございました。










ちょびころ
2015/11/01 13:38
ちょびころさんが試行錯誤しながらこの数か月
頑張ってこられたことがよくわかりました。
本当にお疲れ様でした
ちょびちゃんは、お父さんが自分のために頑張ってくれていること、
自分のことを一生懸命考えてくれていることを感じ取っていたと思います。
そして、きっとたくさんの人が、ちょびちゃん頑張りましたね!と見送ったから
ちょびちゃんはみんなに褒められてびっくりしたかしら。
ちょびちゃん、おりこうさんだったわね。
ちょびちゃんのこと私も忘れませんよ。

コタママ
2015/11/02 01:20
こんばんは、コタママさん。
ありがとうございます。

飼い主、ころの世話とルーティンワークは何とかこなしていますが、
その他の仕事はなかなか始められません。
少しずつ、ほんの少しずつ、元に戻っていけると思います。

ありがとうございました。
ちょびころ
2015/11/03 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょびが遺してくれたもの。 リンパ腫とちょび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる