リンパ腫とちょび

アクセスカウンタ

zoom RSS 予兆その3

<<   作成日時 : 2015/09/02 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月19日にドッグドッグを受けましたが、
血液検査などのデータ以外には異常はないとのことでした。
腸炎でしょうとの楽観的な診断で、内服薬を投与されました。
しかし、食欲は改善されず、徐々に体重が減り始めていました。

ちょびは屋内で排泄行為をほとんどしないので、今でも1日4回、散歩に行ってます。
朝は20分、昼と夕方は15分程度ですが、深夜は1時間近く歩きました。
しかし、7月半ばより長く歩かなくなり、飼い主は暑さのせいだろうと楽観していました。

そして7月26日。
この日は久しぶりに休みにできた日曜日でした。
2匹と一緒にのんびり&まったりして過ごしました。
いつもは独り遊びばかりのちょびが珍しく引っ張りっこをせがんだりしていました。
16時10分。
突然の嘔吐。
透明な胃液(?)の中に朝食べたものが未消化のまま。
続けて噴射のような下痢、しかもタール状の黒いもの。
どう見ても、ただの腸炎ではない様子。
急いでかかりつけの獣医へ。
ここで、私は最悪の選択をしてしまったようです。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。応援のポチッを頂ければ幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
予兆その3 リンパ腫とちょび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる